早川美紀DVDコレクション AV女優早川美紀のエッチなAVアイテムを検索。無料画像や動画に飽きたらどうぞ。
ザ・面接大全(10) [DVD]
2004-11-26 release!
販売:アテナ
ザ・面接大全(10) [DVD]
◎「AVの父」代々木忠
  □レ●プ作品である。  代々木先生は悩みに悩んで  このシリーズを撮りつづける。 ○34○『ザ・面接スペシャル 汁出し絶叫大連発!!』  □01.抵抗度:〈★★★★☆〉    男4人がかりである。    自転車をなげつけてくる。  □02.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    マグロ女である。    男優たちはお手あげである。  □03.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    加藤鷹のゴールドフィンガーである。  □04.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    あっという間に、むかれる。    乱交になる。  □05.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    あっさり、みだれる。  □06.抵抗度:〈★★★☆☆〉    さけぶ。    モテモテである。男が集まる。  □07.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    テンションが低い。    労多く、実は少ない。  □08.抵抗度:〈★★★☆☆〉    心にカベがある。  □09.抵抗度:〈★★★☆☆〉    モジモジしすぎて、    パンティが裏返る。(市原隊長の談) ○35○『尻ふり汁出す人妻たち』  □01.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    2児の人妻である。  □02.抵抗度:〈★★★☆☆〉    夫に愛人がいて、悩んでいる。  □03.抵抗度:〈★★★★☆〉    夫は海外赴任中である。    浮気をたのしむ新妻である。  □04.抵抗度:〈★★★☆☆〉    アソ コが痛いといって、泣く。 ○36○『恥ずかしいなら吸うたろか!!』  □01.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    顔をみせたくないという。  □02.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    シリーズ初のエキストラ参加である。    「下品なエマニエル夫人」:市原隊長の評  □03.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    ボタンがとぶ。潮もふく。    指が6本(!!)もはいる。  □04.抵抗度:〈★★☆☆☆〉    抵抗しない。ニコニコわらう。  □05.抵抗度:〈★★★☆☆〉    エキストラの秘書である。    ぬれぬれである。    男優2人でうばいあう。  


トム・ストッパード (1) コースト・オブ・ユートピア――ユートピアの岸へ(ハヤカワ演劇文庫 26)
release!
販売:早川書房
トム・ストッパード (1) コースト・オブ・ユートピア――ユートピアの岸へ(ハヤカワ演劇文庫 26)
◎ストッパードによる「ゲルツェン入門」書
この劇を知ったのは、ロンドン初演当時の「ニューズ・ウィーク」日本版の記事であった。 以前から、アイザイア・バーリンを通じてゲルツェンには注目しており、彼が主人公であるということで興味をもった。 その後、まさか日本で翻訳公演がされるとは思ってもいなかったので、昨年9月の公演はうれしい驚きであった。 1日9時間ぶっ通しでなく、3時間ごと3日連続の公演で何とか観ることができた。 昨年末のNHKBShiでの9時間一挙放映も、HDに無事録画、そして、今年になってからの本書刊行と続いた。 この邦訳版では省かれているが、原書の「Acknowledgments」で明らかなように、この戯曲は、そのメインの部分をバーリンとE・H・カーの著作に負っている。 第1部の主要人物バクーニンは、第2部・第3部ではやや狂言回し的な役割へと後退し、第1部ではほんのわずかしか登場しないゲルツェンが、第2部・第3部の中心人物となる。ほかにベリンスキーとツルゲーネフが印象的である。 ゲルツェンの台詞には、彼の膨大な著作からなまの文章も使われているので、ゲルツェン入門にもいい。 「前へ進むこと。楽園の岸に上陸することはないのだと知ること。それでも前へ進むこと。(略)丸が四角になる社会。葛藤が帳消しになる社会。そんな場所はどこにもない。ユートピアとはそういう場所の名前なんだ。だから我々は、そこへ向かって殺戮を続けるのをやめる日まで、人間として成長することはない。我々の意味は、不完全な世界を、我々の時代を、いかに生きるかにある。ほかにはない。」(590〜591頁) いわゆる左翼とか、市民を称する陣営の人びとのうちどれだけの部分が、この演劇を観、評価したのかは知る由もないが、評者が感じたかぎりではほとんど存在さえ知られなかったのではないかと思う。 ユートピアの断念というゲルツェン思想の根幹は、いまだに「もう一つの世界」が可能だと信じ込んでいる昔ながらの左翼諸君にこそ味わってもらいたいものである。 再来年が確か生誕200年、日本でももっと知られてほしい人物の一人と言える。
◎ユートピアの岸へ
 チェコ出身で英国劇作家トム・ストッパードによる大作。否、これはもはや叙事詩ともいうべき書物である。 時は19世紀、ロシア知識人たちの革命を巡る理想・苦悩・友情を描く。  無政府主義者バクーニン、思想家・空想的社会主義者ゲルツェン、文芸批評家ベリンスキー、詩人・革命家オガリョーフ、小説家ツルゲーネフ、哲学者スタンケーヴィチなど個性豊かな登場人物。 構成は三つに分かれて、第一部:VOYAGE「船出」、第二部:SHIPWRECK「難破」、第三部:SALVAGE「漂着」。 英本国のみならず日本でも公演され三日間という驚異の演目ながら、好評を得たようである。 圧倒的なストーリーを飽きさせずに物語を展開しているのは、演出家に敬意を評しつつも、やはり脚本家の力によるところが大きいと言えるだろう。  物語の中で繰り広げられるスラブ派と西欧派の対立や旧体制派と急進派の相克は登場人物の迫力をもって我々を魅了する。重要な登場人物であるゲルツェンはナロードニキ主義の創始者とされる。彼の思想は、農民を農奴解放の客体としてだけでなく社会主義理想の主体として捉えている。 また、この本の下敷きとなっているのが、ゲルツェンの回想記的自伝「過去と思索」で、社会思想史上非常に重要な文献である。  本書は早川書房の演劇文庫として迎いれられ、多くの人が手にし愉しめることになった。作者自身も迫害を逃れ世界を渡り歩いた事を考えると、本作品の意義は演劇界に止まらず、現代の世相を考え生き抜く上でも、たいへん大きな足跡である。  少なくとも歴史的背景と思想の系譜を知っていなければ物語の面白さは伝わりにくいように思う。ましてやロシアの知識人の深さと歴史をや。 したがって、読み手(或いは観劇者)は真の知性を求められる。 豊穣なるユートピア(楽園)はやすやすと手に入らない証左であろう。



早川美紀のプロフィール
早川美紀画像一覧へ
早川美紀DVDコレクション
早川美紀のブログ

ファンサイトTopへ

オトプレTopへ

AV女優一覧
あ行 い行 う行 え行 お行 か行 き行 く行 け行 こ行 さ行 し行 す行 せ行 そ行 た行 ち行 つ行 て行 と行 な行 に行 ぬ行 ね行 の行 は行 ひ行 ふ行 へ行 ほ行 ま行 み行 む行 め行 も行 や行 ゆ行 よ行 ら行 り行 る行 れ行 ろ行 わ行

オトプレTopへ
(c)otopre.com